1日で巡る!ブリュッセルの穴場観光スポットと夜の観光スポット!

スポンサー広告



世界三大がっかりスポットとブリュッセルの街並みを歩く!

 

 

こんにちわ!!

 

ベルギー記事の最後は首都<ブリュッセル>を歩いたときの話です。

 

フランダースの犬で有名なルーベンスの故郷、アントワープ!!

 

世界で最も綺麗な広場「グラン=プラス」

世界で一番美しい広場と称される「グラン=プラス」は1998年に世界遺産に認定された観光スポットです。周囲を美しい建物に囲まれた広場は360度見渡す限り絵になる風景ばかりで絶好の写真スポットになること間違いなし!!!

 

私は今回は夕方に訪れたのですが夕陽と建物の雰囲気がマッチしてとてもいい感じの風景を見ることができました。流石に観光スポットなので人が多いのはしょうがないですけど、朝方などは人が少なめで写真が取りやすいそうですよ。

 

夜にはライトアップされてまた違った雰囲気を見せてくれるみたいなので次回はぜひ夜にも来てみたいものですね!!

 

世界三大がっかり、、、しょんべん小僧

ベルギーのブリュッセルと言えば、しょんべん小僧の銅像がいちばん有名といっても過言ではないでしょう!

しかし、そんな世界的に有名な銅像は実際に見てみると思った以上に小さく、『え?本当にこれがそのスポットなの?』と思わず呟いてしまうかもしれません。

 

実際、私はこのしょんべん小僧の写真を撮りにきたはずなのに気づかない通り過ぎようとしてしまったくらいひっそりと佇んでいるので、観に行かれる際は見逃さないように人だかりと周囲のお店を要チェックしてください。

 

ちなみに時間帯によってはしょんべん小僧が服を着ることもあるみたいなのでそれをみることができたらかなりラッキーですね!!

 



 

しょんべん小僧の銅像の近くはお土産やさんも充実していてしょんべん小僧をモチーフにしたチョコレートやワッフルはもちろん「レオニダス」や「ゴディバ」などの有名店もあるのでお土産を考えていらっしゃる人は観光のついでにこちらで買い物をしてもいいかもしれないですね。

 

<豆知識>

ちなみにこのしょんべん小僧の銅像は実はレプリカなんだそうですよ。本物の銅像は盗まれて今だに戻ってきていないそうです。。。。

 

ベルギーといえばワッフルの本場

もちろんベルギーといえば定番のお菓子はワッフルです。

ブリュッセルの街中には色々なところにワッフルのお店があります。

 

こちらの『Le Funambole』はたまたま通りがかったところにあったお店なのですが、韓国のテレビで紹介されたことがあるお店みたいですね。

 

観光客向けのワッフルっぽいですが、色々な味とトッピングを選ぶことができました。

どれも結構大きくてボリュームがありそうです。

 

生クリームがこれでもかというくらいに盛られていてかなりボリューミーですね。

でも出来たてのワッフルだったので美味しかったです。

 

ブリュッセルの真ん中にある王立広場周辺はこうしたワッフル屋さんがたくさんあるので胃袋に余裕がある人はワッフルの食べ歩きにチャレンジ!!とかして見てもいいと思いますよ。

 

 

 

あまり知られていない名所、しょんべん少女

実はブリュッセルの街にはしょんべん小僧の他にもしょんべん少女という銅像があるんです!!

一般にはあまり知られていないみたいで私もベルギーの観光地を調べていて初めて知りました。

 

しょんべん小僧から歩いて数分のところにあるしょんべん少女の銅像は檻に入った状態になっています。これは盗難防止のためと言われていますが実際のところはどうなんでしょうかね〜。

 

でもせっかくベルギーに行くんだったらしょんべん小僧だけじゃなくてしょんべん少女も写真として抑えておきたいところですよね!!

 

しょんべん少女の銅像は奥まった路地の先にあるのでGoogle MAPでこまめに場所を確認しながら行くことをお勧めします。

 



 

 

ブリュッセルの夜の観光スポット!飾り窓エリア!

ここからはブリュッセルの夜の観光スポットを少しだけご紹介します!!

 

皆さんは「飾り窓」ってご存知ですか?

 

女性が建物の窓に立って道を歩いている男性を誘惑し、男性と交渉が成立すれば窓から中に入りことに及ぶという日本でいう「チョンの間」みたいなものですね。

 

この飾り窓はオランダが発祥とされており有名なのですがベルギーのブリュッセルにもこの飾り窓エリアがあるんです。

 

ブリュッセル北駅の飾り窓

ICEのブリュッセル北駅の近辺に飾り窓エリアがあるというので見にいってきました。

 

ブリュッセル北駅を出てすぐ左側の「アルショ通り」を線路沿いに歩いて行くとベルギーの代表的風俗「飾り窓」がありました。

 

線路沿いという立地で電車や車の通りもあり人通もそこそこあるので昼間であればそこまで危険な感じはしなかったですね。

 

昼間にも関わらず多くの女性が飾り窓に立ってセクシーな格好や衣装で歩いている男性を誘惑していました。

もちろんこの飾り窓にも1日いくらとレンタル金がかかっているみたいなので部屋代をペイにして利益を出すためには早い時間から働く必要があるんですかね。

 

ちなみにこのブリュッセル北駅の近辺は治安が悪いエリアとされています。

週には黒人が住むエリアがあり、飾り窓のすぐ裏手はアラブ系の人が集まるエリアとなっているため歩く際は十分に注意をして歩いたほうがいいと思います。

 



スポンサー広告1