カラフルな虹の村でキレイな写真を撮ってみよう!!

スポンサー広告



台中のおしゃれな村に行ってみました!!

 

 

台中にとってもカラフルでおしゃれな村があるとガイドブックに書いてあったので台北から日帰りで台中に行って見ることに。

 

台北駅から新幹線で向かうのだがここでまさかの事態に、、、、、、

平日に訪れたはずの台中駅が激混みしていて切符を買うのも大行列でかなりの時間を使いました。

 

なんでも台湾の国民の休日に被ってしまったらしく普段なら空いているはずの日が混んでしまったみたいです。

 

台北駅の中の「高鐵」と書いてある看板に向かっていくと自動券売機と改札がすぐ見つかるはずです。私もなんとか自動券売機で切符を買うことができました。

窓口で買うこともできますが自動券売機の方が台数が多いので早く購入することができます。

 

台湾で九份に行って来た!千と千尋の神隠しのモデル!!

 

<料金は以下の通り>

座席の名称(日本に例えると) 料金 時間
自由座車廂(自由席) 675元(約2,490円) 45分〜1時間
標準車廂(座席指定) 700元(約2,582円) 45分〜1時間
商務車廂(グリーン車) 1125元(約4,150円) 45分〜1時間

 

この日はあまりにも混みすぎて指定席のチケットが無くて仕方がなく自由席のチケットを購入しました。

購入してから改札を通ると駅員に誘導されて階段の下で待たされました。これは駅のホームが狭いため順番に指定席のお客からホームに順番に誘導するためだそうです。

 

次に自由席の乗客が案内されましたがホームの狭さからなかなか動きづらい環境でした。

ホームに売店などはないので飲み物が必要な人は事前に購入しておいたほうがいいと思います。

電車はきちんと時刻通りにくるのでそこは安心してください。

 

そこから50分程揺られて台中駅に到着しました。

ちなみに台湾の新幹線は日本の新幹線とほぼ変わらない環境なので中国の新幹線と比べると格段に快適ですよ。私は以前に北京から新幹線を利用したことがありますが座席は狭いし乗客はうるさいしゴミは散乱しているしで散々でした。

 

 

だから台湾の新幹線事情が日本とさほど変わらないということを今回の旅行でしれてとても良かったです。

台中に到着してそこからタクシーで彩虹眷村まで移動することに。

台湾高速鉄路(新幹線)台中駅から「彩虹眷村」は約10分で料金は約500円〜650円くらいです。

 

台中市は台北市のようにMRTの整備がされていませんので、各観光地への主なアクセスはタクシーか、バスになります。

 

バスでも同じく10分ほどで行くことができ、しかも8km以内なら、悠遊卡(EasyCard)などの指定ICカードを使えばなんと無料でバスに乗ることができるそうです。

<彩虹眷村 Rainbow village>

 

 

日本のガイドブックやテレビの台湾観光番組等でも度々取り上げられるこちらの村はもともと中国の国共内戦で国民党として共産党軍と戦った退役軍人の方々と家族が住んでいる場所だったのだそうです。

 

年月が経ち、建物の老朽化も進み、いまは誰も住んでいない家もあることから、村を取り壊して再開発しようという動きがあったそうなのですが、この村に住む一人のおじいちゃんが、村の家の壁などに絵を描きはじめたそうです。その絵はどんどん広がっていき、やがて村一面におじいちゃんのカラフルな絵で埋め尽くされました。今ではそれが噂を呼び、人が見物に来るようになり、観光地になり、ついには再開発の話もなくなったそうですよ!


そんな奇跡のスーパーおじいいちゃんは90歳を超えているんだそうです。そんな年になってもこんな素晴らしい絵を書くことができるのだからクリエイティブな仕事に年齢は関係ないんだなって改めて思いました。

 

しかも今だに絵を描き続けているのだそうで、アイデアが浮かべば既存の絵の上から新しい絵を書くこともあるみたいです。次に訪れたら絵が変わっているなんてこともあるかもしれないですね。

 

今回はそんなおじいちゃんに会って一緒に写真を撮りたかったんですが残念ながr訪れた日はおじいいちゃんがいなくて写真を取れませんでした。。。。。

 

 

村の壁にはこのようにカラフルな絵とともに文字も書いてあります。金運や恋愛運や健康運などが上昇しそうな言葉が書いてあるのでお気に入りの一枚を取るために色々と村を散策して見ましょう!

 

 

やっぱり一押しはこの「永結同心」「百年好合」とい文字ですね。この言葉は台湾の結婚式でよく使われているおめでたい言葉だそうで、ずっと一緒に、という意味があるそうです。

 

こんなのもありました!

おみやげ屋さんの前にベアブリックのパクリみたいなカラフルなクマを発見!

 

 

村の周りには露店がちらほら出ているのですが私が進めるのは村の中にあるこちらのコーヒーショップです。何がオススメかというとこちらでは飲み物を注文すると村の壁に書いてあるようなカラフルなデザインのカップで提供してくれるんですよ。

 

 

ついつい持って帰ってしまいそうになるデザインですよね!

このカップを片手に写真を撮るとかなりインスタ映えしそうじゃないですか?

 

カップのデザインは色々あるのでどんなデザインのカップがくるかは運次第です。

飲み物も結構種類があるのでぜひ買って見てください( ´ ▽ ` )

 

 

村の近隣にはコンビニやレストラン見たいな施設はあまり見かけませんでしたが露店やコーヒーショップがあるので飲み物的なもはすぐに買えると思います。トイレもすぐ近くにあるしバス停も近いのでアクセスの面ではそこまで不自由はしないと思います。

 

タクシーに関しては行き先を告げるとメーターではなく金額を提示してくるタクシーが多いようですが、そこは交渉次第かと思います。台中の中心地に行くくらいならタクシーで1200円〜1600円くらいだと思います。

 



スポンサー広告1