関東の名湯、伊香保の湯で「岸権旅館」に泊まりました

スポンサー広告



関東の名湯、伊香保温泉

 

今回は名湯として名高い群馬県の伊香保に泊まりにきました。
温泉地として関東では箱根、草津と並んで有名な温泉地だから皆さんもご存知ですよね?

 

榛名山麓の豊かな自然と温泉で観光客に人気の伊香保は都心からわずか90分ほどというアクセス環境の良さが魅力です。

 

今回は下記の旅館でお世話になりました。

『浴蘭楼 岸権旅館』

アクセス:関越自動車道 渋川、伊香保ICから車で20分 上越線渋川駅下車バスで30分、タクシー15分
https://www.kishigon.co.jp/access/

 

400年続く老舗の旅館だそうで施設はやや古く感じます。2016年度の観光経済新聞の【人気の温泉旅館ホテル 250選】にも選ばれている旅館です。

 

石段街の中ほどにある「岸権旅館」は数ある伊香保温泉旅館のなかでも3本の指に入る室町以来の伝統を受け継ぐ宿です。「黄金の湯」は湯量・泉質とも伊香保トップクラスで3ヵ所の湯殿で楽しめる他に、地元産の食材をふんだんに使った食事も好評ですよ。

 

旅館に到着すると親切な仲居さんが涼しげなおつき菓子で出迎えてくれました。

 

旅館の受け付けはカウンターではなくロビーのようなところに通されて、座りながら行いそこからお部屋までのご案内してくれます。今回宿泊したお部屋は10畳タイプの和室のお部屋で伊香保の街が一望できるタイプです。窓からは遠くの群馬の山々の景色もよく見えました。

景色がいいのは「岸権旅館」が標高が高い位置にあり、視界を遮るような建物がないおかげです。

 

強いて言うならお部屋のテレビが小さ買ったのが少し残念でしたね。。。。(ちょうど甲子園を観ていた時期だから笑)

 

温泉は旅館についている内風呂と離れにあるお風呂、更に外の景色が見える展望風呂の3種類がありました。どこも泉質は同じみたいですが、どこのお風呂もお湯の温度が低めで長湯できちゃう気持ちいい感じの温泉でした。温泉独特の硫黄の匂いはあまりなし。

 

美しい水のカーテン、熊本県「鍋ヶ滝」

 

 

宿の食事は部屋食でお刺身や焼き魚、お肉(しゃぶしゃぶ?)や土瓶蒸しといったメニューです。私的には十分な量ですが、たくさん食べる方には少し物足りない気がするのかもしれません。

 

旅館の近くは伊香保名物の石畳の階段があります。頂上までは365段もあり、一番下から上ると結構疲れますよ。。。。。

伊香保温泉のシンボル的な風景で1年365日の繁栄を願って設置された365段の石段の両脇には懐かしい遊技場やお土産屋さん、飲食店が並んでいてその中には多くの温泉饅頭を売っているお店があります。

伊香保は温泉饅頭発祥の地といわれており、石段街にも温泉饅頭の甘い香りに満ちています。やっぱり温泉といえば温泉饅頭ですよね。蒸しあがったばかりの温泉饅頭の美味しさはたまらないですね。

 

途中にはお祭りの縁日のようなお店がいくつもあり中でも射的のお店がたくさんありました。

横道に入っていくと雑貨屋さんや見世物小屋みたいなものもあり、探してみると意外なところで意外なお店が発見できるかもしれません。

ちなみに石畳階段を一番上まで登ると伊香保神社という神社があります。

この伊香保神社は有名なパワースポットになっていて一番したから上まで上がると金運と恋愛運が上昇すると言われています。苦労して登った先にあるパワースポットはなんか願いがかないそうな気がしませんか?

神様もきっと頑張っている人の願いを叶えたくなるんだと思います!

神社は木々に囲まれた静かな神社です。大きくはないのですが厳かな雰囲気を醸し出しています。

 

 

私が行ったときは台風の翌日だったので石畳階段の途中のお店は閉まっているお店が多かったのですが、もし運が良ければ階段の途中で大道芸をしている人がいるのでそれを見ることができるかもしれないです!

ちなみに遊技場は射的だけじゃなくて吹き矢や弓矢もありましたよ(^-^)

 

伊香保は他にもいろいろな温泉宿があるので宿選びだけでも楽しいですよ。

ゆっくりと温泉に入りながらのんびりと過ごす休日も大事だな~と感じた旅行でした。

 

 

 

 

 

スポンサー広告1