ジャカルタのオススメ観光スポット

スポンサー広告



ジャカルタで行きたいオススメ観光スポット

 

ジャカルタまでのアクセスと治安

 

インドネシアの首都ジャカルタにどんなイメージをお持ちですか?

最初にインドネシアってどんなイメージ?と聞いたらリゾート地であるバリ島を思い浮かべる方が多いと思います。

確かにジャカルタには同じインドネシアのバリ島に比べるとライステラスやタマン・アユン寺院などの世界遺産のようなものがパッと思い出せないですね。

その理由としてインドネシアの文化などを伝えられるような観光名所がジャカルタには非常に少ないことも大きな原因だと言われています。経済的な発展は著しいですが、インフラや治安の面でまだ心配な部分もあるのでそこも要因の一つなのかな。

しかし、そんなジャカルタですが、実は観光・旅行を楽しめるポイントってたくさんあるんですよ。

今回はそんなジャカルタのオススメ観光スポットを見て行きましょう!!

 

 

千の島「プロウスリブ」

プロウスリブはジャカルタから最も近いビーチリゾートで、インドネシア語で『千の島』という意味です。実際の数は数百程度らしいのですが、そのいくつかの島のいくつかが、1島1リゾートのビーチリゾートとなっていて、全ての島が予算や用途に合わせた「丸ごとリゾート」であることが、プロウスリブの特徴なんです。

高層ビルが立ち並び毎日渋滞で車の排気ガスが充満している大都会のジャカルタとは異なり、一つ一つの島が綺麗な海に囲まれて、時間の流れ方が緩やかで、美しい海とゆったりとした時間が、日常を忘れさせてくれますよ。

近い島だとジャカルタから30分程度で一番遠い島で2時間〜3時間ほどでしょうか。

宿泊することも可能ですし、日帰りで行くことも可能なので予算と時間に合わせてお好きなプランを選ぶといいかと思います。ちなみに島の施設は昔からあまり変化はなく古い設備のままの島もあるそうなので宿泊先選びはよく調べてから行くことをオススメします。

ではいくつか島を見て行きましょう!!

パンタラ島

別名JAL島と呼ばれる通り、JALが開発して運営していたリゾートアイランドです。ただし、現在は地元企業傘下となっています。

過去に日本人が大勢訪れていたために、島の施設の充実度が高く居心地がいいと言われていて人気が高い島です。海の透明度の高さ、景観のキレイさなどもかなりのレベルです。

他の島よりも少し距離があるものの、その分落ち着いた雰囲気が楽しめるます。

 

プトリ島

ジャカルタから高速船で1時間半程度で行ける手軽さとから、日帰りなどの観光客も遊びやすく過ごしやすい設備が整っていることから非常に人気の高い島です。

遠浅の海なので、泳がず歩き回るだけでもサンゴや小さな熱帯魚の姿をみることができるのでお子様連れや泳ぎがいまいちの人にはいいかもしれません。

また、島では巨大トカゲが名物になっていて、男性や子供にウケているが、爬虫類が苦手な人は違う島にした方が落ち着けるかもですね。

※最後に注意点

プロウスリブでは腹痛になる人がちょこちょこ出るらしいので食事に使われる水に問題がある可能性が高いです。東南アジアでは基本的に生で出されるものは要注意ですが、ここでもその意識は高く持って可能であればペットボトルなどの市販品を買うようにしてください。

 

JKT 48シアター

ぜひジャカルタにきたら、JKT48の劇場公演に行くことをオススメします。

JKT48とは日本でお馴染みの人気アイドルグループであるAKB 48の姉妹グループです。『JKT』とはもちろんジャカルタの意味です。

チケットの購入は事前に専用のサイトで申し込む必要があり、当選確率は5~8倍程度らしいですが、日本など海外からの申し込みは当選確率が若干上がっているとのことです。

JKT48のシアターがあるのは、ジャカルタでもオシャレなエリアで有名なスナヤンというエリアにあるFXモールの4Fにあります。

このモール内のカフェなどでJKT48メンバーを見たという人もいるのでもし事前にメンバーの顔を覚えて行ったらもしかしたらJKT48シアターに入らなくても、JKT48を見ることが出来るかもしれませんね。

 

 

モナス「独立記念塔」

インドネシアを象徴すると言っても過言ではない『モナス』はジャカルタを観光する上で外せないスポットと言えるでしょう。

スカルノ元大統領の音頭の下で建造された高さ137メートルのこの塔の外装は白い大理石製で頂上部の台座の上には高さ14メートル、直径6メートルで重さ14.5トンの青銅製レリーフが設置され、『永遠に燃え続ける炎』として独立戦争中のインドネシア国民の漲る闘志を象徴しています。

スカルノ元大統領言えば思い浮かぶのが日本のセレブタレントで「世界の果てまで行ってQ」などでもお馴染みのデヴィ夫人ですね。

こうして考えると改めてデヴィ夫人はすごい人の奥さんだったんだなといいうことがわかります。

こちらの塔は遠くから眺めても綺麗なのですが、チケットを購入すれば塔に登ることもできるんです。

 

チケット:入場料が5000ルピア(約40円)

塔に登るのに別途:15000ルピア(約120円)

 

名称 インドネシア独立記念塔(Monumen Nasional)
住所 Medan MerdekaJakarta Pusat, Indonesia
電話 +62 21 3822255
開館時間 日中営業時間:8時00分~16時00分
夜間営業時間:平日 19時00分~22時00分、土日祝日 19時00分~24時00分
休館日:毎月末の月曜日は休館
(開館情報は2016年2月時)
料金 大人:15,000 IDR
学生:8,000 IDR
子供:4,000 IDR※モナス入場料と塔に入るのにかかる金額は別途なので注意してください。

 

ちなみにモナスの塔の周辺には観光ガイドをしてあげると近づいてきて後からお金を請求したり自分の商品を買わせたりしょうとする人がいるみたいなので注意してください。

 

 

イスティクラルモスク

モナスと並び、ジャカルタを代表する2大観光名所となっているのがイスティクラルモスクです。

世界中にあるモスクの中でも世界最大級(世界で3番目に大きい)で、東南アジアの中では最大と言われています。

1984年に作られた建造物で、なんと中には12万人を収容することができ、ジャカルタの中心部でもあるモナスのすぐ隣にあります。観光地として有名なこともあり、観光客でも公式に中へ入ることができます。中へ入る際は靴を脱ぎます。

その後受付へ行きますが、入ってすぐにある受付はインドネシア人用です。外国人用の受付は別室にあり、正面玄関から右側にあります。外国人用の受付ではノートに名前や出身を書きます。靴もその部屋へ預けます。女性で肌が見えている場合はサロンを着るように促されます。

 

名称 イスティクラル(Istiqlal Mosque)
住所 Jl. Taman Wijaya Kusuma, Ps. Baru, Sawah Besar, Kota Jakarta Pusat
電話 +62 21 3811708
開館時間 24時間(訪れる際は常識的に9:00〜18:00の間くらいがオススメ)
料金 無料

 

こちらでもモナスと同じように観光ガイドを名乗る人が近づいて来ることがあります。もしガイドを頼むのであれば事前に金額などを確認しておくようにしましょう。

こちらは訪れる際はスカートや短パン、サンダルで訪れることはオススメしませんのでご注意ください。



スポンサー広告1