国内のLCC各社を比較して見た!

スポンサー広告



国内のLCC路線を比較してみました

 

 

LCCご使用の際のメリット &デメリットは以下のページで。

格安航空会社LCCのメリット&デメリット

 

皆さんは移動するのに飛行機をよく使いますか?

国内や海外旅行に行くのに快適な移動を提供してくれる飛行機は年を追うごとに快適になってきますよね。

今回はそんな快適な空の旅を提供してくれると航空会社の中でも「LCC(ローコストキャリア)」と呼ばれる格安の航空チケットが買える会社をご紹介して行きます。

 

日本国内で就航しているLCCは何路線?

 

現在国内で就航しているLCCは以下の4社です。

・Peach Aviation(ピーチ・アビエーション)

・Jet Star Japan(ジェットスター・ジャパン)

・Vanilla Air(バニラエア)

・Spring Japan(春秋航空日本)

 

空港や電車の中などでよく目にしたり、ネットなどで聞き慣れた航空会社もあるかと思います。

そんな航空会社の特徴をご紹介して行きます。

 

 

Peach Aviation(ピーチ・アビエーション)

白とピンクの機体が特徴的な航空会社、ピーチは空港でもよく目にする機会があるのではないでしょうか?

印象的な機体は記憶に残りやすく印象的ですよね。

 

<ピーチの特徴>

1.就航率の高さ

ピーチは一時期就航率がほぼ100%という驚異的な数字を残しており、結構や遅延が当たり前のLCCの中でも安定したフライトを実行しています。これはLCCだけでなく全ての航空会社を比較してもトップクラスの就航率です。

 

2.価格の安さ

LCCといえばやはり注目されるのが航空チケットの安さです。常に必要最低限のサービスのみを提供するので余計なコストを抑えることでき、それによって低価格でのチケット提供を可能にしています。

海外などの長時間フライトであれば、ある程度のサービス(エンターテイメント、ドリンクなど)を必要とするかもしれませんが、国内線はどんなに長くても3時間程度ですから必要以上にサービスのクオリティを高く求めなくてもいいかもしれません。

 

3.美人CAが多い(諸説あり)

一般的にピーチのCAさんの方は美人が多いと言われています。確かに個人的にもピーチのCAさんは他の航空会社のCAさんに比べて美人が多い気がします。

どの航空会社もCAさんは比較的美人な方を採用する傾向があるのですが、ピーチはその中でも突出して良いと言われていますね。

ちなみにピーチは採用の時に若い客室乗務員を採用するケースが多いので、全体的に若くてフレッシュな感じがすると感じる方も多いとのことです。

 

 

Jet Star Japan(ジェットスター・ジャパン)

シルバーにオレンジ色の星マークが描かれているのが特徴的なジェットスターの機体は近未来的な宇宙船ようなデザインです。

日本構内での知名度も高く安定した人気を保っています。

 

<ジェットスターの特徴>

1.最低価格保証

ジェットスターの最大の特徴と言っても良いのが航空チケットの安さです。最低価格保証をおこなっているため、常に最低価格で航空券を購入することができます。

ちなみに同時刻の同ルートで、ジェットスターよりも安い他社の航空券があった場合は、10%を下回る金額での保証をおこなっています。

 

2.JALと共同運航

ジェットスターは国内線に関してはJALと共同運航をしています。そのため機体の管理はJAL側がおこなっているので質の高いメンテナンスと管理体制が確保されているので安心のフライトをお届けできるのが大きな特徴の一つですね。

ただ、管理はJALですが飛行機のクオリティとしてはJALよりもジェットスターの方が格下ですので過度な期待はしないでください。

 

 

Vanilla Air(バニラエア)

バニラエアという名前の通り、アイスクリームをイメージした黄色と白の機体は他の航空会社の機体よりも柔らかい雰囲気を醸し出しています。

 

<バニラエアの特徴>

1.団体がお得な「みんなで割」

みんなで割」は4人以上で割引になる料金設定となっていて、10%オフなどの料金体系となっています。一人で旅に出るのもいいですが友達を誘ってみんなで旅行に行きたいって時なんかはこの「みんなで割」がお得ですよね。

 

2.ANAが100%出資

バニラエアは、ANA(全日本空輸)が100%出資しているため、管理体制や基本的なサービス、接客についてなどが、ある程度整っているのが特徴です。

LCCといえば安くてサービスがいまいちというイメージが強いのですがANAの名前が出てくれば搭乗者もLCCのイメージが改善されそうですね。

3.リゾート路線がメイン

バニラエアはリゾートに強い航空会社をコンセプトにしています。そのため国内でも沖縄や奄美大島、札幌などリゾートのイメージが強い都市を中心に就航しているのです。

リゾート地に格安の航空券でいけるのであれば今後、ますますバニラエアの需要が高くなりそうです。

 

 

Spring Japan(春秋航空日本)

白と緑の色合いの爽やかな機体はこれまでのLCCにはなかったイメージカラーです。紹介してきたLCC各社のどれよりも歴史がまだ浅く地域密着型の航空会社と言われています。

 

<スプリングジャパンの特徴>

1.親会社が中国の航空会社

親会社が中国・上海市に本社を置く中国の航空会社春秋航空公司 (SPRING AIRLINES CO.,LTD. )ですが、日本での呼び名は春秋空港日本(SPRING JAPAN)と呼ばれているので、今後は中国の航空会社というより日本のLCCというイメージで定着していってほしいですね。

 

2.ローカル空港にも就航

スプリングジャパンは成田を拠点にしているのですが、そこから佐賀、広島の空港に就航しています。LCCでこの二つの空港に就航しているのはスプリングジャパンのみなので格安でいける場所が広がるのは嬉しいですね。

 

3.コーヒ100円で飲み放題

有料ですが100円を支払うとコーヒーがおかわり自由なのでぜひ利用してみてください。

 



 

基本的にどの航空会社もサービスを必要最低限に切り詰めているのでどうしても必要な場合はオプションという形で有料になってしまいます。

・座席の指定

・預け荷物

・機内サービス(食事、飲み物)

などなど

格安航空会LCCのメリット&デメリット

 

気になる方はチケットの金額を調べて比較してみることをオススメします。皆さんも格安で旅行をしてみたいときはLCCを利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサー広告1