女子旅に大人気の宮島のグルメと観光

スポンサー広告



広島の王道観光地、宮島はやっぱり素晴らしい!

 

出張で広島に行ってきたので王道の観光スポット宮島に行った時の話をちょこっとだけご紹介します。

世界遺産であり日本三景(宮島、松島、天橋立)でもある宮島・厳島神社は、そのシンボルとして有名なのが、海に浮かぶ朱塗りの大鳥居です。

高さが16.6mもあるこの大鳥居は宮島に渡るフェリーからもよく見えますし、宮島に渡るとその壮大な姿とキレイな朱色にただただ圧倒されます。
そして、その大鳥居をさらにすぐ間近で楽しめるのが、遊覧参拝船「櫓櫂舟(ろかいぶね)」です

遠目から見てもきれいですね。湖の色と鳥居の朱色がベストマッチでした。寒い時期に行ってきたので空気も澄んでおり景色がよりキレイに感じれたかなって感じです。

ボートで鳥居の周りをぐるっ周るツアーもしていたのでより身近に鳥居を観たい方にはいいかもしれません。木で作った小舟で長さは12mくらい。お客さんの定員は20名ほどで渡し船のような作りです。船を漕ぐ船頭さんが前後に2人、ガイド役の人が1人、計3名の乗務員がいます。特に予約のようなことはしていおらず、その場でチケットを購入します。混んでいる時は列ができますが、すごく混むようなことはないと思います。

    • 運行期間:3月~11月頃

 

    • 所要時間:約20分

 

    • 運行時間:不定期です。満潮時刻を中心にその周辺での運行となり、当日の天気や潮位その他で変わります。天気が悪くなれば運航中止となることもあります。
    • 料金:平日 大人800円 4歳~小学生400円
      土・日・祝日 大人1,000円 4歳~小学生500円

 

本殿に行くまでも魅力が満載の宮島観光

宮島はフェリーを降りてから本殿に行くまでも見どころがたくさんあります。まずは歩いていると目の前に鹿がお出迎えしてくれました。かなり人懐こい鹿ですが、人が持っている食べ物やビニールに入ったお菓子などを狙って来ることもあるので注意が必要です。

 

そして広島といえばやっぱりカキですよね!

露店でもカキを売ってました。殻付きカキはテンションが上がりますね。殻があると無いとではやっぱりテンションが変わりますから。

 

お昼に食べる予定の宮島の名物アナゴ飯もたくさんお店があり迷っちゃいました。

アナゴとご飯に甘いタレが染みていて美味しいです(*^_^*)

 

尾道の見どころ!千光寺と恋人の聖地

 

宮島は年間を通して観光客が多いので少しでも人が少ない平日がやっぱり見やすいですかね。

ちなみにお土産にはお土産屋さんで売ってるオリジナルのしゃもじが人気らしいですよ。しゃもじごとにいろいろな言葉が書いてあるので自分が気に入ったフレーズのしゃもじを探してみるのもいかもしれません。

 

いろいろなサイズと文字があるのでぜひお気に入りの一個をみつけてください。

お店によってはオリジナルのしゃもじも作れるみたいですよ(*^_^*)

 

女子におすすめの宮島プラン

平安時代の姫君が寺社参詣の旅に出た時の衣裳「壺装束」を着て宮島を観光できるプランがいま女子の間で人気だそうです。時代考証に基づいた本格的な衣裳が揃う中からお気に入りを選べます。1200年以上の歴史を持つ「大聖院」や紅葉が美しい名所「紅葉谷公園」などを散策できます。壺装束がよく映える美しいスポットですので。素敵な1枚を残すチャンスです。もちろん、必要なお道具はすべて用意しているので手ぶらで気軽に体験することができます。インスタ映えすること間違いなしな色彩豊かな衣裳はみんなに自慢できるのでとても人気です。他にも浴衣や着物も用意があり昔ながらの情緒あふれる旅を演出することができますよ。

<旅ナビ>

https://gurutabi.gnavi.co.jp/p/p_3948/

申し込み:予約の5日前まで

金額  :大人1名6480円(レンタル時間1時間30分)

予約は2名様からで雨天でも大丈夫なプランもあるので詳細は上記のURLで確認してみてください。

 

日本三景の中でも最も知名度も観光客も多い宮島はきっと旅の思い出に残るスポットになると思います。



スポンサー広告1