韓国初出張!ソウル、明洞の解説と空港からのアクセスの比較

スポンサー広告



韓国のソウルに初出張!買い物と夜遊びを見て来ました!

 

 

初めての韓国出張に行って来ました。最初は反日感情が心配で日本人というだけで何か言われたりしないのか心配でしたが、いざ行ってみると日本人の観光客も多く、接客している人も『日本人歓迎だよ~』と明るいテンションで呼び込みをしていたので安心しました。

 

韓国の空の玄関口、金浦国際空港と仁川国際空港

ソウル市内にアクセスするにはこの二つの国際空港を利用するのが便利です。

そんな二つの国際空港のメリットとデメリットをまとめて見ました。

 

<金浦国際空港>

ソウル市内へのアクセス方法が「1.空港鉄道、地下鉄、市内バス、タクシー」に分けられます。

交通手段 所要時間 料金
空港鉄道・地下鉄・市内バス 約20分(空鉄ソウル駅) 1,350W〜
リムジンバス 30~60分(ソウル中心部) 5,000~8,000W
タクシー 30~40分(ソウル中心部) 20,000W前後

 

<メリット>

金浦国際空港のメリットはやはりソウル市内まで近い事ですね。タクシーを利用する場合は金浦空港から繁華街の明洞まで約20,000W(約2000円)程度です。

荷物が重い場合や、3~4人などのグループの場合は、タクシーを利用してもそれほど負担にならない金額といえます。

バスや鉄道を利用する場合は更に安くなりますし時間もかからないので旅慣れた人は電車を利用して見てもいいかもしれません。韓国の鉄道は日本の鉄道と似ているので違和感はそんなにないと思います。

<デメリット>

金浦空港は、ソウル市内に近いこともあり、仁川空港より人気がありますが、デメリットとして日本からのLCCの就航もなく、仁川空港に比べて航空券価格が高くなります。

しかも空港が大きくないので空港内での買い物が不便で通関が一つしかないのでイミグレーションで並んでしまう可能性もあります。

 

<仁川国際空港>

ソウル市内へのアクセス方法が「1.空港鉄道、地下鉄、市内バス、タクシー」に分けられます。

交通手段 所要時間 料金
空港鉄道(一般) 約1時間(ソウル駅) 4,150W
空港鉄道(直通) 約43分(ソウル駅) 8,000W
リムジンバス 60分~90分(ソウル中心) 10,000~15,000W
タクシー 約70分(明洞) 65,000W〜

 

<メリット>

仁川国際空港を利用するメリットは日本からの航空チケットが安いことが挙げられます。

とくに成田-仁川、大阪―仁川間は格安航空会社(LCC)が就航しているほか、既存の航空会社(FSC)も金浦行きに比べると、安く購入する事ができるので韓国がより気軽にいけるようになりますね。

空港自体も金浦国際空港よりも規模が大きくて空港内の免税店などがあるので帰りのお土産を買う際にも便利です。

 

<デメリット>

デメリットとしては金浦国際空港よりも仁川国際空港の方がソウルまでの距離が遠いことですね。タクシーで比較すると30〜50分くらいの差が出て来ます。

それと仁川国際空港は広いために空港内の徒歩での移動が大変だということです。

特にLCCを利用する場合、ターミナル移動のためのシャトル列車に乗る可能性が高くなります。1時間前のチェックインでは、余裕がなくギリギリの搭乗になる場合もあるので時間に余裕をもった移動が必要になって来ます。

 

タイの玄関口!スワンナプーム国際空港!

<明洞と清涼里の観光チェック>

 

今回も出張ついでなので時間が限られていたこともあり、チェックした場所は明洞と清涼里の二箇所です。



韓国の原宿、渋谷?明洞

明洞はソウル特別市中区にあるソウル最大の繁華街です。

韓国一のショッピングスポットというだけあって様々なお店が並んでおり、洋服も日本でおなじみのブランドから韓国でしか買えないオリジナルブランドまで取り揃っており、この街だけでも一日過ごせちゃいそうなほど見どころがたくさんあります。

日本人旅行客のツアーでもここにくる予定が多く組まれているせいか、ここは割と日本語が通じるところが比較的多いです。

繁華街と言われていますが治安も悪くないのでこの近辺を拠点にして観光する人も多いようです。

 

そんな明洞の見どころの一つが、明洞に行く人が必ず立ち寄るところが「ロッテ百貨店 本店」です。

韓国料理でおなじみのキムチや海苔をはじめとする食品コーナーが充実しているほか、上の階には「ロッテ免税店」もあり、外国人にもうれしい施設みたいですね。

実は中には入っていないので詳細なレポートじゃないのです。。。すいません。。。。

隣には日本人に人気のホテル「ロッテホテル」、南隣りにはルイ・ヴィトンやシャネルといった海外高級ブランドを専門に取り扱う「AVENUEL」、その向かいには韓国若者ファッションを取り扱う「ロッテヤングプラザ」があります。

このヤングプラザには日本の「ユニクロ」や「無印良品」なども入っているので旅先で下着や肌着類で困ったら買い足しにくるのもいいですね。

 

<食べ歩きしてみたい美味しいそうな露店>

明洞では街中に露店もたくさん出ていて食べ歩きを楽しみ事ができます。種類も豊富でスイーツ類からがっつり食べれるお肉類や麺類まで出ていて迷っちゃいますね。

もちろん韓国といえば焼肉!焼肉の本場である韓国では焼肉のお店もたくさんあるので食事に関しては本当に選択肢が多いです。

 

個人的な買い物はアディダスでサンダルだけ買って明洞ショッピングは終わりました。

 

他にも探せば色々なお店が発見できそうな韓国の明洞はまた来たくなる観光スポットです。

日本からの距離も近いのでぜひ気軽に旅行して見てください。



スポンサー広告1