フィリピンのリゾート地、セブ島の出張ぶらり

スポンサー広告



セブ島のセブシティ側の治安とアクティビティ

 

出張で2回目のセブ島訪問になりました。今回は短期滞在で2泊しかできなかったので簡単にご紹介します。

まずはセブ・マクタン国際空港に到着です。

 

セブ島は相変わらずの蒸し暑さでこの時点では南国っぽい雰囲気をだしていますね。暑さのせいでタクシーに乗るまでにけっこう汗をかいてしまいました。

タクシーに乗るときの注意点おさらい

セブ島の空の玄関口であるセブ・マクタン国際空港の黄色いタクシーは、白いタクシーより値段が高いです。黄色いタクシーは普段はエアポートタクシーとして運用されており、海外から来た観光客しか使用しません。

黄色いタクシーを使用するメリットは、空港から確実に目的地へ送ってくれると言う点で安心感ですが、料金は少し割高です。

サービス面においても白いタクシーとはなんら変わらないので、特別な理由がなければ乗車する必要もありませんので白いタクシーを探しましょう。

料金は初乗り40ペソから開始されますので、必ず乗車の際に一度確認してください。と言うのも時折、初乗り運賃が違う値段から開始されるなどの悪質タクシーも存在からです。

それと運転を開始したらメーターを回すのを確認する必要があります。なぜならメーターをまわさずに行くタクシーは目的地に着いてから高い金額を請求してくる可能性が非常に高いので、乗る前の事前交渉でそこら辺を明確にしておくと安心ですよ。

 

今回の出張ではセブシティ内にホテルを取るのが都合がよかったのでセブシティのホテルに宿泊しました。

<ベストウェスタン・プラスレックス>

所在地:Escario Street Cor. Juana Osmena Ext.Cebu City 6000, Philippines

日本円で一泊8000円~12000円

綺麗なホテルで口コミもよく立地も便利でした。

ベストウェスタンホテルは世界各国に展開しているホテルなので日本人には人気があるホテルみたいですね。フィリピンは他の東南アジアの国々よりも治安が悪いイメージがあるので泊まるホテルはセキュリティがしっかりしたホテルにすべきだと思います。

近年フィリピンのマニラでは銃による邦人被害のニュースなんかも流れています。

チェックインして荷物を置いたらアテンドの人が迎えに来てくれたので一緒に食事に行きました。セブ島では海に近いので魚が多いのかと思いきや魚だけでなくお肉を食べるお店も多いので、お店を選ぶ選択肢はけっこうあります。



 

他にもセブ島はリゾート地として韓国人にとても人気があり、セブシティの街中には韓国人がたくさんいます。

そのせいか韓国ではおなじみの焼肉とかチゲとか韓国料理のお店が多いですね。ちなみにセブシティの中には日本食のお店もちゃんとありましたよ。

 

<セブシティの人気アクティビティ>

食事を終えて現地のアテンドさんに連れられて向かったのがセブシティの中でもひときわ高い建物のクラウンリージェンシーホテルです。ここの屋上ではなんとスカイウォークというアクティビティが体験できるのです。

「命綱をつけてビルの周りに張られた足場の上をぐるっと1周歩く」という、とてもシンプルなアトラクションです。

しかし、下はガラス張り、地上38階からの夜景が足元に広がり、手すりの無い一枚板の上を歩くという行動は、とてもスリルがありました。夜景がきれいな夜にやるのがお勧めですね。

スカイウォーク代金

:550ペソ

 

受付でアトラクション専用スーツに着替えて、メガネ、時計・アクセサリー類はすべて外します。アトラクション参加中は携帯やカメラでの写真撮影は禁止です。

専属カメラマンが撮影したものを終了後に、受付で購入可能です。

今回はガイドのお兄さんが先頭で出発し、ところどころで写真撮影をしてくれました。

ガイドのお兄さんの写真撮影のポーズのリクエストが結構ハードで高所恐怖症の自分としては『なぜいまここにいるんだろう?』と思わずなげいてしまうほどですね。

 

セブシティの繁華街、マンゴーストリート

 

前回セブ島に来た時にも紹介したお馴染みのマンゴーストリートです。

ホテルから歩いてマンゴーストリートに行ったのですが途中で道端に座り込んでいる女性の人が何人もいて腕をつかまれたり、よくわからない言葉で連れ込まれそうになったりしました。

あとから聞いた話でホテルからここまでくるのはとてもデンジャラス!!絶対タクシー使ってくださいと言われ自分の行動が軽率だったと反省しました。

 

そんな出来事があったのでマンゴストリートでは初めから警戒モードで散策していました。大きなクラブがいくつもありますが、踊っている日本人はあまりいなくて韓国人のグループや欧米人が多い感じがしましたね。

 

ちなみ男性が一人だけでマンゴーストリートを歩いていると女性だけでなく男性も声をかけてくるケースが結構ありました。

今回は危険を冒さずに最後はスポーツバーでサッカーをみながらお酒を飲んで帰りました。。

 

 

セブ島はリゾート地なのでどうしても気が緩みがちになってしまいますが、皆さんもセブに来る際は治安に気を付けて安全第一で遊んでください。



スポンサー広告1