ハノイでお得にお買い物、ベトナムでショッピングして見ましょう!

スポンサー広告



ハノイでお得にお買い物、ベトナムでショッピングして見ましょう!

 

 

出張でベトナムのハノイに再訪問しました。今回は買い物スポットを中心にご案内できればと思います。

前にも一度、記事で書きましたがハノイの空気は今だにあんまり馴染めません。今回も終始マスクを着用して生活していました。

大亀の伝説が残る湖、ホアンキエム湖

ハノイの地元民の憩いの場でもあるホアンキエム湖は日中はのんびりベンチに座って日向ぼっこをしているお爺ちゃんや湖の周りを散歩したりランニングしたりする人で賑わっています。



ホアンキエム湖の大亀の伝説

ホアンキエム湖の大亀の伝説とは、ベトナムが中国の明に支配されていた15世紀、後に黎(レ)朝(1428~1527年、1532~1789年)の初代皇帝となるレ・ロイ(Le Loi=黎利)が、湖の宝剣によって明の駆逐に成功した。平和な日々が続いていたある日のこと、レ・ロイが湖を散歩していると神の使いである大亀が現れ、宝剣を持ち主の竜王に返すように言って、湖の底に持ち帰ったという。この伝説から、湖は「ホアンキエム(Hoan Kiem=還剣)湖」と呼ばれるようになった。

実際にこの湖では体長が2m近くもある大きな亀が見つかっています。湖自体はかなり濁っていて本当にまだ見つかっていないすごい大亀がいそうな気がするから神秘的な感じがしてしまいますね。

ホアンキエム湖はハノイの街中にあるのでアクセスはとても楽です。湖を一周すると約2キロの遊歩道になっているそうなので時間があればのんびり散歩をするのもいいかもしれませんね。

 

 

 

ハノイで買い物してみよう!旧市街通りへ!

ホアンキエム湖から移動してハノイ旧市街通りへ買い物に行って見ました。

ここは各通りごとに売っているものが違うので自分が欲しいものが売っている通りを事前に調べておくと効率がいいですね。

 

・ハンガイ通り

⇨ハンガイ通りはシルク店や雑貨店が数多く立ち並んでいます。その多くがベトナムで作られたハンドメイドの商品でぬいぐるみやカバン、洋服に至るまで様々な商品が揃っているのできっとお気に入りの商品を見つける事ができると思います。ここでは海外観光旅行者向けのお土産品も多く取り扱っています。また、ハンガイ通りのホアンキエム湖側は湖畔を見下ろせる隠れ家的なカフェや看板が無いオシャレなカフェが多いことから連日、人が多く集まり旧市街36通りの中でもひときわにぎやかな通りとなっているようです。

 

・ハンダウ通り

⇨靴やサンダルを買うなら、ハンダウ通りがいいそうです。ハンダウ通りのお店では気に入ったソールを見つけ甲皮を自分の足のサイズに合わせて取り付けてもらえるので、自分好みにアレンジしてオリジナルのサンダルを作れるのが人気みたいですね。日本ではサンダルのカスタムをやっているお店はなかなか見かけないのでぜひハノイを訪れた際は自分のオリジナルサンダルを作りに行って見てください。

 

・ハンクアット通り

⇨イラスト入りのハンコを作ってくれたり、仏具を扱うお店がある通りです。ハンコは職人さんがその場で掘ってくれる物もあり、色々な絵柄やひらがなや漢字にも対応してくれるそうなので希望のハンコの柄を絵で職人さんに伝えて見るといいです。一つ300円程度からあるので気軽に作れてお土産にもいいかもしれませんね。

 

・ハンチェウ通り

⇨カゴやのれんなどを扱うお店がある通りです。お土産にここでカゴを買っていく人が多いみたいですね。様々なサイズやデザインがあるそうで人気があるのはプラカゴと呼ばれているカゴみたいです。プラカゴは軽くて丈夫で汚れを気にしないで使えるのでアウトドアや海などのマリンレジャーの際に活躍しそうですね。

 

なお買い物の際はどのお店も値段交渉ができるので頑張って値切って見てください。値切りは海外の買い物の醍醐味でもあるので楽しいですよ。




スポンサー広告1