日本三大鍾乳洞の一つ!龍が住む洞窟、龍泉洞の魅力!

スポンサー広告



岩手の観光スポット「龍泉同」

今回の出張で青森県の八戸市からの帰り道に日本三大鍾乳洞の一つである<龍泉同>を観てきました。

 

今回は八戸から車で海沿いを走り龍泉洞に向うことに。龍泉洞までの道筋はずっと太平洋沿いを走るので海の景色を眺めながらのドライブでした。その際、岩手県の久慈という街を通ったのですが、ここはNHKの朝の人気ドラマ「あまちゃん」の撮影スポットでもあったのです。久慈の海では実際の海女さんの素潜りの演習を見たりすることができるそうなので時間に余裕があればぜひ見てみたい。



八戸から車で2時間ほど走ったところで今回の目的地「龍泉洞」に到着です。

2017年の3月に営業を再開した龍泉洞。家族連れやカップルで訪れる人も多く、敷地内はしっかりと整備されて見やすい環境が整っています。

ドラゴンブルーとも呼ばれる洞窟内の地底湖はまさに青く光る神秘の光景でどこまでも深く澄んだ水をみることができます。

 

 

上記の写真は龍泉洞の見どころの一つでもある「月宮殿」です。

5色のLEDによるライトアップで空間が演出されており、月世界を思わせるこの場所では、毎年2月の中旬から3月の中旬の間に不定期で「洞内コンサート」が開催されています。またこの月宮殿の通路の奥側から見た岩肌がハートのマークになっていることから、手を繋いでくぐり抜けるカップルも多いそうですよ。

実はこの龍泉洞はプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットとして「恋人たちの聖地」に認定されているそうです。龍泉洞内でサプライズプロポーズ企画を行うこともあり、すでに成功事例もあるみたいです。日本の中でも屈指の恋愛パワースポットですね(*^▽^*)

 

龍泉洞は国の天然記念物に指定されており、洞内はすでに知られているところだけでも、深さが2,500m以上あります。また、その奥から湧き出る清水が数箇所にわたって深い地底湖を形成しており、中でも第3地底湖は水深98m、第4地底湖(未公開)は水深120mと日本一で、世界でも有数の透明度を誇っています。(通称ドラゴンブルー)

 

洞窟内の気温は年間を通して10~11度と夏場でも半袖だと肌寒いので、観光の際は上着を持っていくことをおすすめします。

また洞窟内は道のりも長く(1kmほど)道も滑るのでサンダルやヒールの靴はお勧めできません。スニーカーなどの歩きやすい靴で見るようにしましょう。

 

<龍泉洞>

所在地:〒027-0501 岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字神成1番地1
電話 :0194-22-2566

http://www.iwate-ryusendo.jp/about/ryusendo/

龍泉洞サイダー

龍泉洞の内部の綺麗な水を使用して作られているらしいです。スッキリした飲みごたえ。

龍泉洞の周りには景色がキレイなスポットが多いので龍泉洞サイダーを持って写真撮影してみてはいかがですか?

龍泉洞サイダーは龍泉洞の敷地内の売店で買うことができますのでぜひお試ししてみてください。




スポンサー広告1