八戸の見所と注目の穴場スポット!!キリストの墓は日本にあるの?

スポンサー広告



八戸の見所満載おもしろスポット!!

 

出張で青森県の八戸市に行ってみました。

観光では見るところが少ないと思われがちな八戸なんですけど、実はけっこうおもしろい見どころがあ流って知ってましたか?今回はそんな穴場的なスポットを含めてご紹介していこうかと思います。

東京駅から東北新幹線で3時間で八戸駅に到着!!

駅を降りてまず思ったのが、、、、、

なんもない、、、、笑笑

地元の物産展のお店や食堂はちらほら見えるのですが仙台や盛岡のよう駅前に大型の商業施設があったり居酒屋やカラオケがあったりということはなくコンビニもローソンが一件あるだけでした。

今回は来る前から駅前にそう言った設備がない情報は調べてきていたので宿泊ホテルは八戸駅の近くには取らずに、八戸駅から電車で2駅、車なら15分ほどで着く本八戸駅というところにしたんです。

本八戸は八戸の繁華街というイメージで飲み屋からスナック、カラオケや映画館までけっこうな数のお店がありました。

「屋台村みろく横丁」

20数店舗もある屋台が立ち並ぶこの屋台村はラーメン屋、焼き鳥、鍋物やバースタイルなど多種多様ではしご酒なんかにもおすすめです。各店舗は席数が少なく混雑している時はなかなか座れないこともあるんですよ。屋台村には一人で飲みに来ている出張者も多いので一人でも気楽に入りやすかったです。



今回は八戸に出張に来た会社の先輩に教えてもらったお寿司屋さんがあってそこに行きました。

そこの大将は気さくで話しやすく八戸の情報にも詳しいので、ぜひ一度訪れてみてください。事前に予約をしておけばご当地料理のせんべい汁も出してくれたりすので八戸が初めてな人は一度食べて見るといいですよ。

場所も隠れ家的でお寿司もリーズナブルなのでおすすめです。

『寿司屋 わさび』

https://r.gnavi.co.jp/fm07ba9u0000/

お寿司を食べ終わりもう少し飲もうかと夜の八戸を散策してみました。八戸はスナックも多くリーズナブルなところが多いようです。八戸のスナックはキャバクラに似ていて女の子が横について話をしてくれるんです。お店には全体的に若い子が多いような印象を受けました。週末になると客引きもお客の数も多くなり女の子が足りなくなることもあるそうです。

地元の人が教えてくれた有名どころだとムーンプラザビルライオンビルという二つのビルがたくさんお店が入っていて金額交渉もできるのでいいとのことでした。

ちなみに飲み代の平均は3000円~4000円で飲み放題付き1Hが相場と言われました。

東京のキャバクラの相場が5,000円〜6000円なのでだいぶ安いですね。

お店によって女の子の数が多いお店と少ないお店があるそうで、一人で行く場合はあまり気にしないでもいいかと思いますが複数で行く場合は一人に対して何人女の子がつくかを確認したほうがいいそうです。男5人で女の子2人とかだとバランス悪そうですからね〜

八戸のお店の女の子は方言が入っているのでそこが個人的にはgoodでした!!

 

『キリストの墓』

翌日は前々から気になっていた場所に行くことに。実はネットで少し噂になっていたのですが青森県にはキリストのお墓があると、、、、、

しかもしっかりと伝承までのこっていると、、、、

これは行くしかない!!と決心して車を走らせることにしました。

いくらキリスト教に詳しくない私でもまさかキリストのお墓が日本に、しかも本州最北端の青森県にあるわけがないだろうと半信半疑な状態でした。しかし車を走らせて行くとそこにはなんとも目を疑いたくなるような看板が登場するではないですか。。。

まさか本当にあるの??

到着したキリストの里で目にした資料にはさらにびっくりさせられました。

なんとあのゴルゴダの丘で磔刑となったのは、実はキリストではなく弟のイスキリであったと記されているのです。その後、キリストはシルクロードを渡って日本に逃れ、青森県において十来太郎大天空(とらいたろうだいてんくう)と日本語の名前に改めてユミ子という名の女性と結婚し三女をもうけ、106歳でその生涯に幕を降ろしたとなっています。

 

日本三大鍾乳洞の一つ!龍が住む洞窟、龍泉洞の魅力!

 

キリストの里がある新郷村は元は戸来村(へらい)という名前だったそうで「へらい」はヘブライから来ていると言われるように、この村にはユダヤ教の習慣が残っているそうです。

年に一度行われるキリスト祭りでは不思議な音楽と盆踊りを見ることができ観光客も訪れているみたいです。

日本には戦国時代にかくれキリシタンと呼ばれるキリスト教を信奉する人がいたことや、そう言った人々が生活する隠れ里があったというくらいキリスト教とのつながりがある国なのであながち全くのデタラメではないのかな?と思い始めてきました。

キリストの里にはこうした歴史を見ることができる資料館がありそこで当時の資料などを見ることができます。今では観光ツアーでキリストの里を訪れることができるようでその際はガイドの人から面白い話などを聞くことができるみたいなので機会があればそちらも利用して見たいと思います。

 

この話、、、、信じるか信じないかはあなた次第です!!!

 

 




スポンサー広告1