香港でインスタ映え写真を撮ろう!!

スポンサー広告



香港でインスタ映え写真を撮ろう!!

日本の東京から飛行機で5時間ほどで行ける香港は、アジア経済の中心地として多くの海外企業が集まる街として知られています。そんな香港は「フォトジェニック・パラダイス」と呼ばれ、有名な100万ドルの夜景に代表されるように近代的な超高層ビルが立ち並び、インスタ映えすること間違いなしな観光スポットが数多くあります。

アートな写真を撮るならここ!!ウォールアート!!

アートと一体化できると話題を呼んでいるのが街中にあふれるウォールアートです。特にセントラル(中環)エリアやションワン(上環)エリア一帯の「オールド・タウン・セントラル」は、HKwallsという企画に参加した数多くのアーティストのキャンバスになっていて、いろいろな種類のインスタ映えするグラフィティアートが数多く点在しています。自分好みのアートを探しながら歩くのが楽しいスポットです。

香港といえば言わずと知れたアクションスターのブルース・リーですよね。香港の伝説のアクションヒーローが今にも飛び出してきそうな臨場感あるアートはインスタスポットとして映画ファンに人気があります。

  • スポットブルース・リーのグラフィティ
  • 住所21 Square Street ×152 Hollywood Road, Sheung Wan
    (四方街21號×荷李活動 152、上環)
  • 行き方MTR上環駅A2出口から徒歩8分




100万ドルの夜景!ビクトリア ピーク!

香港観光でインスタ映えを狙うならここはぜったに外せない場所です。世界三大夜景スポットの一つであり、100万ドルの夜景を一望できるスポットとしても知られています。行く道中はMTR・中環駅からケーブルカーに乗って展望台「スカイテラス428」までの空中散歩を楽しむことができます。夜景スポットなので夕方から夜の時間帯は特に人気があり、ケーブルカー乗り場は観光客で混み合うので行列覚悟で訪れなければいけません。

 

香港の集合住宅はインスタ映え確実!!

香港の象徴的な建物である集合住宅、その中でもチョイ・ハン・エステートは、香港全体で最も古い公営住宅のひとつです。この建物は「虹色の物件」を意味するらしく、8色の塗装がされていて、色が美的に同調しているため、インスタ映えする撮影スポットとして知られています。ちなみにこちらは映画「トランスフォーマー・ロストエイジ」の舞台としても有名です。

 

海からも夜景を楽しもう!!ビクトリア・ハーバー

海からの夜景は、山側からみる夜景とはまたひと味違った景色を見せてくれます。海からの夜景の特徴は光が海に反射してより幻想的に見える事ですね。他にはフェリーが香港島と九龍半島を行き交う様子や木造帆船が赤い帆をライトアップしてハーバーを遊覧する様子など海側でしか見れない光景も魅力があります。よくテレビなどで紹介される景色は海側からの夜景が多い気がしますね。毎晩20時になると、世界最大級の光と音のショー「シンフォニー・オブ・ライツ」や、夏季や冬季限定でプロジェクションマッピング「香港パルスライトショー」などのエンターテイメントも楽しめます。



スポンサー広告1