砂漠のオアシス?海沿いのリゾート地ウォルビスベイ!

スポンサー広告



こんにちわ(^o^)

久しぶりの投稿ですが年の瀬でみんな忙しそうですね〜

今回はナミビアのウォルビスベイという海沿いの街に行って来ました!!

ウォルビスベイはナミビアの首都のウィントフックから車で400キロくらい離れたところにある海辺の町です。

ナミビアといえばナミブ砂漠を連想される方が多いですよね。他には野生の動物がみれたりとか自然溢れる国というのが行く前の私のイメージでした。しかし今回は仕事!しかも滞在2泊という弾丸スケジュールです。飛行機のチケットをもらった瞬間に『え?』というリアクション。。。。。

私『ナミビア遠いですね〜出発は成田ですか?』

事務『成田ですよ。今回の飛行機はシンガポール航空とカタール航空です』

私『おっ!いい航空会社ですね!』

事務『サウスアフリカ航空とか機内寒いですからね〜』

私『確かに笑』

私『ん?』

事務『どうかしましたか?』

私『これってトランジットはチャンギ空港とケープタウンですよね。乗り換え時間短くないですか?』

事務『そうなんですよ〜気付いちゃいました?』

私『これ絶対荷物預けたらロストしますよ!!!

事務『なので今回は全て機内持ち込みできるようにしてください!』

私『マジですか?』

 

荷物をまとめて仕事道具と最低限の着替えをまとめて持ち込み。。。。重い。。。。

乗り換え短すぎて乗り換え全部空港内をダッシュ!!!!

 

なんとかケープタウンから乗れた時は安堵しました〜

そして機内からの景色

ナミビアにも結構緑多いんだな〜

 

着陸5分前

砂漠やん!!!

え?空港ある?

街は?道路は?

 

南アフリカの出張って楽しいのかな?

 

いろいろと心の中でツッコミを入れたところで飛行機は無事に到着しました。

ナミビアでは通貨はナミビア$と南アフリカランドが使用可能です。ウォルビスベイは小さな空港なので通過の両替所はありません。ちなみSIMもありませんよ。空港の中と外に ATMはあるので現金の引き落としは可能ですが、余裕があればケープタウンで南アフリカランドを準備しておいた方がいいと思います。



そこから宿泊先に到着。

ゲストハウスですが受付の人もとても親切でフレンドリーで部屋も綺麗でした。シャワーもきちんとお湯が出るので生活は十分できます!

夕食は自分で準備ですが朝食はでます、。

ベーシックな朝食で味もそんなに悪くないですよ。

 

ちなみにナミビアにはコンビニ的なものがないのでスーパーまで買い物に行かないといけません。なので車は必須です。私は宿泊先の近くにたまたまスーパーがあったので買い物には困りませんでした。

 

夜は現地の人が BBQをしてくれました。

火の起こし方が、、、、

最終日の夜でしたが楽しい夜でした。

 

ちなみウォルビスベイはナミビアのリゾート地となっているらしいです。

海際にドイツ人がたくさん住んでいる街がありそこは海で泳いだりできるくらいの場所で街中でもいろいろか買い物などができるようですね。

 

 

次回はぜひ仕事でなく観光で行きたいです。

皆さんも機会があればぜひナミビアに行って自然を満喫して見てください(^o^)




スポンサー広告1