宮崎県の気になるパワースポット(神社)

スポンサー広告



今回は宮崎県のオススメ神社をご紹介します!!!

宮崎県といえば神話の里としても有名な場所ですよね。有名な神様といえばアマテラスやスサノオなどがよく色々な小説や漫画などでも使われていますので聞き覚えがあるのではないでしょうか?

そんな神話の有名な宮崎県ですが、天皇家の故郷でもあるんですって!

神々の系譜を辿ると初代天皇の神武天皇に繋がっていくんですよ!すごくないですか?天皇のご先祖様は日本を作った最初の神様に繋がるのですから天皇が日本を作ったと行っても過言ではないような気がしますよね。



さてそれでは本題の神社紹介に移りたいと思います!

 

一つ目の神社はこちらです↓↓

海に浮かぶ孤島「青島神社

青島神社は、宮崎市の南東部海岸付近の青島にある神社です。
こちらの神社は古事記ゆかりの古くからの神社なので、今でもパワースポットとして全国からたくさんの人が訪れています。

青島は日向神話のラブロマンスの舞台。神話に登場する山幸彦は、兄である海幸彦に借りた釣り針を無くしてしまう。それを探しているうちに塩筒大神(しおづつのおおかみ)の道案内により、海神の国へとたどり着きます。そこで出会ったのが海神の娘・豊玉姫命。恋に落ちた二人は海神宮で夫婦となります。しかし、山幸彦は陸へ戻ることに…。ということから、青島神社では山幸彦と豊玉姫命、海神である塩筒大神を祀り、縁結び・安産・航海・交通安全の神として信仰されているのだそうです。

 

そんな青島神社がある青島と対岸の青島海岸は弥生橋という橋で結ばれていて、潮が高いと波の影響をかなり受けます。いく前に事前に潮の情報を調べていくといいかもしれませんね。

ちなみに青島神社に行くなら干潮時がおすすめ。岩場を散策できますし、国の天然記念物である「鬼の洗濯岩」を見ることができます。私は残念ながら潮が高い時に行ったので見れなかったのですが、迫力ある景色はSNS映えすること間違いなしだそうです!!!

青島神社の御朱印!!!

 

青島神社

宮崎市 青島2丁目13番1号

/event/?mode=detail&id=9999900046922

 

二つ目の神社はこちらです↓↓

宮崎県最強のパワースポット「江田神社

ひっそりとした森にたたずむ神社。最強のパワースポットの理由は日本最古のご神体であるイザナキノミコトとイザナミノミコトが祀られているということ。天気のいい日に、本殿までの道のりを歩いているととても気持ち良いです。中でも参道のクスノキはパワーが得られると口コミが広がり、触れたり抱きついたりする人がいるみたいですねwww

飾り気のない社殿は派手さこそないですが静かなオーラを感じます。

日本で初めて夫婦となった神様が祀られているので夫婦で参拝したらパワーをよりたくさんもらえそうな気もしますね。

江田神社は、県道11号線沿いにあって、海岸に近い場所です。最強パワースポットの割にこじんまりした場所にあるという印象です。

 

江田神社の御朱印!!

最強パワースポットの神社の御朱印はご利益がありそうな気がするー!

長崎バイオパークで動物と触れ合おう!!間近で見れる!触れ合える!

最後にご紹介する神社はこちらです↓↓

絶壁にある美しい神社「鵜戸神宮」

鵜戸崎(うどさき)。断崖絶壁の中腹にある岩窟内に鎮座するのが、ご紹介するパワースポット「鵜戸神宮」です。

こちらの神社は恋愛もそうなのですが安産の神社としても有名みたいで、こちらで参拝してからお乳の出が良くなったなんて話もあるみたいですよ。

 

鵜戸神宮の本殿は崖沿いの階段を降りて行った先にあり、天気がいい日は海の波しぶきが綺麗に見えます。本殿までの道のりはちょっと遠いですが間違いなくいく価値はあると思います。

本殿のたたずまいもパワーを感じさせますね!!

お参りをして帰り道に参拝客が海に向かって何かを投げているのを見ました。それは鵜戸神宮の名物「運玉投げ」だそうで岩礁の中にある亀のような岩が「霊石 亀石(かめいし)」と呼ばれており、この亀石の背中にある、およそ60センチ四方の枡形のくぼみめがけて粘土を素焼きにした「運玉」を投げ、入れば願いが叶うらしいのです。

男性は左手で、女性は右手で投げ入れるとなっているようですが、見ていたらこれがなかなか難しくしかも右利きの人は逆の手で投げることになるのでコントロールが難しそうでした。

鵜戸神宮の御朱印!!

私の御朱印集めはこの鵜戸神宮うから始まったのでそういう意味では個人的に思い入れがある神社ですね。

以上が宮崎のおすすめパワースポットです。どこも縁結びに強いので最近いい出会いが無いなんていう方は是非一度こちらを訪れて見てください!!



スポンサー広告1