ウィーンへの出張決まりました!!

スポンサー広告



こんにちわ(^o^)

今回はオーストリアのウィーンに出張です!!!

今回は成田発でロシア経由という行き方で行きました。

これまで出張でアエロフロートという航空会社は使用したことがなかったのですが機内は特別狭いわけでもなく、機内食も各航空会社と比較してもそこまで大差がない味でしたね。唯一機内の映画は本数があまりなく日本語の映画に関しては数本しかありませんでした。字幕と吹き替えも日本人にはあまり優しくないかもしれないです。

 



ロシアのモスクワで3時間ほど乗り換え待ちをしてオーストリアに出発。オーストリアの空港に到着してからタクシーに乗り今回宿泊するホテルへ向かいしました。

今回宿泊するホテルがこちら↓↓↓

Hotel City Residence

Hernalser Gürtel 32 (Alser Straße Station), 1090 Wien

シングル:4500円〜6000円(朝食付き)

 

ウィーンの観光スポット!

 

海外のビジネスホテルといった感じの室内で特徴は何と言ってもベットが結構硬いということです。空調は効いていて暖かいから慣れると睡眠は快適でした。受付の人は愛想がよく好印象で朝食はバイキング形式で内容は普通です。もし朝食をもっときちんと取りたいという方はホテルの斜め向かいにカフェとマックがありますよ。

このホテルのいいところはすぐ目の前に電車の駅があるところです。Alser streetという駅がありウィーンの主要なところまで一本で出ることができます。他にも路面電車がいたるところに走っておりそれを利用すると快適に市内を見てまわることができます。

  • 一回券は2.2ユーロ
  • 24時間券は7.6ユーロ
  • 48時間券は13.30ユーロ
  • 72時間券は16.50ユーロ

 

ちなみに

ウィーンでは電車に乗る時に自動改札機がないので、チケットを買わずに電車に乗れてしまうのですが、無賃乗車は絶対にしないようにしましょう。私服の検察官が突然チケットの確認に来ることもあり、そこで無賃乗車が発覚すると103ユーロの罰金になります。罰金はその場で現金で支払うか、3日以内に振り込みで支払うかを選択しなければなりません。もしも振り込みを選択して、3日以内に支払わなかった場合は、さらに値段が高くなります。楽しいウィーン滞在を台無しにしないためにも、きちんとチケットを購入して電車に乗るようにしましょう。

ウィーンではコンビニがないので深夜に開いている買い物出来るお店がありません。もし夜に喉が乾いたとかになったら困るので飲み物などは事前に帰るところで買っておいた方がいいですよ。ホテルの近くはマックが24時間だったので飲み物に関しては困りませんでした。



スポンサー広告1