ブエノスアイレスの魅力とオススメのスポット!!

スポンサー広告



ブエノスアイレスの魅力とオススメのスポット!!

 

前回に引き続きアルゼンチンのブエノスアイレスの魅力をご紹介します。

私が宿泊していたNH Hotelの近くには大小様々な通りがあり色々なお土産やさんがあります。もちろん治安の心配があるので夜間は出歩かないし、危なそうな通りにはいかないのですが昼間は観光客もたくさん歩いていて、通りにはアルゼンチンのユニフォームを売っているお店や面白い建物のお店もあり歩いているだけでも結構楽しいです。建物はヨーロッパ風でさすがは南米のパリと呼ばれているくらい街並みは綺麗です。

 

歩いている観光客は多いんですけどアジア人は全く会わなかったので世界中で増えている中国人観光客はまだ南米にはあまり来ていないのかな?

でもそのおかげでアジア人が一人でポツンと歩いていると結構目立つので歩いていると少し緊張してしまいましたね( ^ω^ )

ブエノスアイレスの美味しい食事と美しい図書館!!

 

ちなみアルゼンチンの有名サッカーチームであるボカジュニアーズのユニフォームの専門店もありました。ただお土産用の露店にも正式なものではないがサッカーチームのユニフォームが売っており、正式なユニフォームの十分の一の値段で買えるのでクオリティを取るか金額を取るか悩みどころです。やはり公式のユニフォームの方が作りはしっかりしているので。

 

 

 

そのあとも徒歩圏内でいける観光地へ

大聖堂

英名:Catedral Metropolitana
住所:Av Presidente Roque Saenz Peña, Buenos Aires, Argentina

 

ギリシャの神殿を思わせる作りが特徴的な聖堂で、南米解放の父ともいわれるサン・マルティン将軍の墓所もあります。



外側から見るとさっぱりした雰囲気ですが、中に入るとおごそかで重厚感あふれるヨーロッパ式建築を楽しめるそうです。ちなみに大聖堂の内部にある12本の柱は12の使徒をあらわしているんですよ。←ガイドの受け売り。ここは市の中心部にあり、7月9日通りにホテルがあれば徒歩でもいけちゃいます!この日は夜に行きましたが昼間に行っても綺麗みたいなので是非昼間も行ってみてください。

 

5月広場

英名:Plaza de Mayo
住所:Ciudad Autónoma de Buenos Aires, Argentina

上述の大聖堂のそばにある広場で、ブエノスアイレスの中心的な観光地でもあります。5月広場の名前の由来は、独立運動が5月革命と呼ばれていることです。独立宣言もこの広場で行われました。大聖堂の他に周囲に大統領府があるなど、政治的な意味でもブエノスアイレスを支えています。常に人が行きかう場所でもありますが、少し足を止めてアルゼンチンの歴史を感じてみては?

 

大統領府は5月広場の傍にある建物で、ピンクの外観なので非常にわかりやすいです。土日祝日は無料での内部見学が可能で、英語のガイドがついています。執務室や広間など、豪勢な作りの部屋の数々を見られます。ピンクな大統領府は写真映えするのでインスタグラム用にもおすすめですよ。




スポンサー広告1