パタヤでゆっくり観光とマリンアクティビティ!

スポンサー広告



10月10日 パタヤ生活3日目

 

パタヤにきて三日目の生活です。

日本からリゾート地に移動した生活も慣れてきた3日目は朝から活動的に動いちゃいました!

まずはAYAホテルから歩いてすぐのビーチロード沿いのスターバックスでカフェラテを飲みながら軽めの朝食をとることに。このスタバは意外と空いていて朝でも座ってゆっくりコーヒーを飲むことができます。

 

そのあとは後輩と何をするか相談、せっかく海沿いのエリアにきたのだからマリン系のアクティビティエオやろうということでパラセーリングをしに行くことになりました。勧誘してくることでおなじみのビーチロード沿いの勧誘お兄さんとアクティビティの交渉開始です。

二人で1000バーツで折り合いがつきました。

陸から沖合にあるポイントまで小型の船かに何かで行くのかな~と思っていたらまさかの浜辺からジェットスキーで沖合のパラセーリングポイントへ移動することに(笑)携帯や財布を持って3人乗りでジェットスキーに乗り沖合まで行くのはなかなかスリルがありました。

沖合にあるパラセーリングポイントは大きな船のようなところでそこからパラセーリングが飛び立つというものでした。着いた時にはかなり大勢の人がいてすごく並んでいましたが私たちはどうゆうルートからなのか順番が前の方にしてもらえてすぐに飛び立つことができました。私はパラセーリングは初めての体験でしたがやってみるとかなり気持ちいいですね!

時間は短いですが快適な滑空タイムでした(*^▽^*)

 

海でのパラセーリングが終わり一度ホテルに帰ってシャワーをあびて仕切り直して次なる目的地へ!

実は前から気になっていたスポット『サンクチュアリ―・オブ・トゥルース』に行くことにしました。

ここはタイのサクラダファミリアと言われている建物で今も建造中の寺院です。パタヤの海沿いに建つこの寺院は受付で500バーツを支払いうことで中を見ることができます。



敷地内には像に餌やりができる場所や馬に乗れる場所もあり、建築物にあまり興味がない人でも楽しめますよ。私が行った時も寺院の中では建築作業中で近くで見るとすごく繊細な手掘り作業をこなしている現地の職人を見ることができました。熟練の職人さんから若い職人さんまで女性、男性問わずたくさんの人がすべて木彫りの手作業で作られているのはサクラダファミリアとはまた違った感動がありましたね。

 

 

私が行った時は思いのほか観光客が少なくてとても見物しやすい環境でした。一つ注意点としてこちらの寺院に行く際は帰りの交通手段を確保しておく必要があるということです。寺院を出ると目の前にファミリーマートがある以外は全く何もありません。流しのタクシーを拾うにもタクシーが走っている道路までが遠いのでかなり大変です。送ってもらった運転手に交渉して待っていてもらうか迎えを手配しておく必要があるのでそこだけ注意してください。

 

Soi6ってどんな所!

 

寺院見物が終わり、今日がパタヤ最終日なので疲れを取るためにまたタイマッサージに行くことにしました。

宿泊しているAYAホテルの近くのマッサージに行きました(^-^)。。。。初日とは違い完全なマッサージ目的なのでベテランがいそうなお店をチョイス!

 

フットマッサージを一時間がっつりしてもらい、肩と腰もおまけでゴリゴリやってもらいました。

タイマッサージは痛いくらいがコリに効きそうな気がするので我慢して耐えること一時間。。。。とてもすっきり(笑)

 

そのあとはお土産を買いにパタヤナイトバザールでお買い物しました。

 

こちらも今回が初めて入ったのですが、中はけっこうな広さで電気製品から雑貨までいろいろな物が売っています。雨季のシーズンは露店で買い物ができないのでこうゆう建物内で買い物ができると非常にありがたいですね。今回は甥っ子のお土産におもちゃの車を買いました(^-^)

 

お土産の買い物も終わりそこからまたホテルに戻りしばしの休憩タイムです。

パタヤ最終日の続きはまだ夜の部ということでまた書きますね(^-^)





スポンサー広告1